鍵交換や鍵開けのプロ|トラブルは業者に全てお任せ

アパートやマンション

手

まず、比較的被害が少ないケースを紹介しましょう。アパートやドアの鍵を紛失した場合です。これらの場合は、管理人さんや大家さんに依頼をして、鍵を開けてもらえることができます。そうすればひとまず家の中に入ることはできます。しかし、問題はその後です。落としたのならまだしも、盗まれた場合なら大問題です。留守を狙って忍びたい放題であり、家の中がまる裸同然です。その為、鍵の対策はできるだけ早くしなければなりません。専門業者は、カギが盗まれた可能性がある場合でもしっかり対応してくれます。とにかくトラブルが起こる前に対処しなくてはなりません。最善策はどのようなことか、今何をすべきかなどを丁寧に説明してくれるので、落ち着いて話を聞き今できる最善策を取るよう意識しましょう。

家の鍵を紛失した場合、交換をしなければなりません。例えば、家の鍵を紛失した場合ですが、その場合はドアの鍵交換をしなければなりません。最近ではホームセンターで自分で交換できるようになりましたが、絶対に独断で行ってはいけません。この場合は、不動産屋さんか、大家さん、管理人さんなどに事情を説明しなければなりません。なぜなら、大家さんや管理人さんは安全を守る義務があり、マスターキーなどを所持していなければならないからです。その為、独断ではなく一言断り許可を得て、それから交換しましょう。なお、合鍵は渡す義務があるのできちんと渡すように。もし、交換した後に見つかっても、それは自分の迂闊さを攻めましょう。トラブルが起こらなかっただけでも有難いと思うべきです。

ドア

巧妙化する犯罪対策

鍵を開けるピッキングなどの手法のように、犯罪は年々巧妙化しているため、被害に合わないためには早めの対策が必要となります。古い建物ですと鍵も解錠しやすいものであるため、鍵穴ごと交換する必要があるでしょう。